ねずみの駆除対策を行うときは、まずは自分でやってみるのもよいでしょう。しかし、なかなか上手くいかないこともあります。そういうときは業者に依頼することをおすすめします。プロに任せることで、しっかりと対策を行ってくれます。

Read more

蜂の駆除をする時には、自分で行うのではなく、專門業者に依頼をして、駆除してもらうことが安全な駆除方法になります。また、効果的な駆除を行ってくれるのでとても助かります。

Read more

蜂には直ぐに退治が必要な危険な種類もいますが、比較的大人しく害の少ない種類もいるため、巣を見つけたらまずは種類を確認しましょう。その上で専門業者に相談することで、適切な処置を行うことができます。

Read more

夜行性動物からの被害

夜行性で、夜から明け方に行動をするハクビシンは中々姿を捉えることが難しい動物です。このため最初にハクビシンに気づくのは目視よりも夜中に屋根裏に侵入しての騒音や、糞尿による異臭、農作物などの食害によるものがほとんどです。このためハクビシンの活動の痕跡に関してはよく注意をしておく事が重要です。 もし前述のようなハクビシンによる活動の痕跡が認められるならば、害獣駆除の専門会社に相談をするのが最適です。害獣駆除の専門会社ならば、ハクビシンの生態についても詳しいので、現地での調査によってハクビシンによる被害か判断をしてくれます。また駆除や対策が必要ならば見積もり提案をしてくれるので、確実なハクビシン駆除が可能です。

タヌキとも見た目からよく比較されますが、足あとがタヌキは4本に対してハクビシンは5本なので区別できます。そしてハクビシンは困ったことに、住宅の内部に住み着くことがあるため、タヌキなどに比べて被害が大きくなりやすい点があります。 そのためハクビシン駆除を請け負う害獣駆除の業者も、ハクビシンが住宅に住み着いているかどうかで、駆除の方法が変わるので、知っておくと安心できます。もし屋内にハクビシンが居ない場合は、糞尿の清掃や消毒、ハクビシン被害のあった箇所の修繕や侵入防止工事をして、対策をします。 逆にハクビシンが内部に住み着いている場合は、有資格者がハクビシン駆除のために捕獲をした後に、消毒や修繕工事を行います。このようにハクビシン駆除は住宅内部にハクビシンが住み着いているか否かで対処法が変わります。