種類を確認しよう

自宅の軒先などに蜂の巣が作られてしまったといった際には、まずはその巣の形状や巣に出入りしている働き蜂をよく観察し蜂の種類を見極めるといいでしょう。ここで確認できた蜂の種類がスズメバチに属していた場合、一刻も早くこれを退治する必要があいますが、そうでなかった場合には迅速に退治する必要性はさほど高くないのです。刺されると命を落とすリスクもあるのが蜂ですが、そういった類の毒を有しており、また攻撃性が高いのは基本的にスズメバチだけなのです。他の主に関しては、基本的に攻撃を加えるなど無闇に刺激したり、巣に近づかない限りは攻撃されることはないため、巣のある場所から適切な距離をとって過ごすことで、数ヶ月もすれば巣が空になり、自然といなくなるのです。

スズメバチ退治を行なうにあたっては、絶対に無防備な姿で個人で退治をしようとしてはいけない点だけは重ねて覚えておくといいでしょう。これは先にも挙げたように、刺されることによってアナフェラキシーショックという症状を引き起こす毒を有しているためであり、退治するために攻撃を加えたり、巣に近づくという行為は、もっとも刺されるリスクを高める行為となってしまうためです。その点、害虫駆除業者などの専門業者に依頼をすれば、刺されることがないような専用の防護服に身を包んで巣の除去作業や攻撃を加えてくるスズメバチの退治に当たってくれるため、安全に蜂退治を実行する事が可能となっているのです。費用に関しても一万円前後といった価格帯で利用が可能であるため、積極的に活用していくといいでしょう。